概要

新コンセプトの独立型電源システム。

一次電池(アルカリ乾電池、または円筒形CR電池)を搭載し、使用する時に、使用する機器にだけ電力供給できるのでシステム全体の待機電力を削減できます。

特長

  • 電力供給:一次電池から指定の電圧で電力供給
  • 省電力化:間欠電源制御による省電力化
  • センサ検出方式:(1)電流検出、(2)電圧検出、(3)パルス検出の3種類
  • 簡単設定:ディップスイッチによる簡単設定
  • 詳細設定:通信コマンドによる詳細設定
  • 電池制御:突入電流緩和制御、漏液防止制御
  • LPWA通信対応:ZETA、ELTRES、SIGFOX、LTE-Cat.1に対応
  • オプション:避雷ユニット、通信機固定ユニット

システム構成例

(青線:電力線、緑点線:信号線)

標準仕様LPWA仕様
バッテリー電源システム

※パルス出力センサーはトリガー検出として使用

LPWA通信機

※記載の会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
また、ELTRESTM はソニー株式会社の、ZETA は株式会社テクサーの
Sigfox はSigfox社の登録商標です。

製品ラインナップ

  • 性能重視、長期使用に適したCRシリーズと、コスト重視、短期使用に適したLRシリーズをラインナップ
  • 通信機取付ユニットや避雷器ユニットのオプション付属製品もラインナップ
項目CRシリーズ
性能重視、長期使用
LRシリーズ
コスト重視、短期使用
用途 ■屋外環境
■頻繁に電池交換できない用途(~10年)
■具体例:防災用水位計、橋梁・トンネル監視、鉄道監視、マンホール監視、変電設備監視
■屋内環境、または短期間の電池交換が可能な用途(電池交換周期:~1年)
■具体例:農業(水田、露地栽培監視)、建築現場での環境監視、生産機器の無停電監視
製品型番 MD1825-CR35P-C1またはC2-※ MD1825-LR08S-C1-※
サイズ W175㎜×H250㎜×D75㎜(突起部を除く)
ソフトウェア 選択可能(製品型番※部:標準ソフトウェアは「K」、LPWA対応ソフトウェアは「L」)
電池構成(公称電圧、容量) CR17450A 35並列(3V88Ah) LR20(T) 8直列(12V15Ah、目安)
使用温度範囲 -20~70°C -10~50°C
最大出力 3.3V/5V:4W、12V:3W 3.3V:5W、5V/12V:7W
通信機固定ユニット 追加可能(オプション型番:「T」)
避雷ユニット(2線式センサー用) 追加可能(オプション型番:「H1」) 追加不可
避雷ユニット(3線式センサー用) 追加可能(オプション型番:「H2」) 追加不可
外観
※ケースフタを取り外した状態の参考写真

オプションラインナップ

  • 通信機固定ユニット、避雷ユニットをオプション搭載可能
  • ケーブルグランド数は、3個までお客様にて増設可能(CRシリーズのみ)
  • プロテクティブベントは全製品標準搭載
基本セット 通信機固定ユニット付 通信機固定ユニット 避雷ユニット付

※ケースフタを取り外した状態の参考写真です。

標準ケース関連パーツ 標準ケース関連パーツ 標準ケース関連パーツ
プロテクティブベント:1個
ケーブルグランド:1個
ホールプラグ:2個
プロテクティブベント:1個
ケーブルグランド:1個
ホールプラグ:2個
プロテクティブベント:1個
ケーブルグランド:2個
ホールプラグ:1個

型番一覧

標準製品(オプションユニットなし)

型番搭載電池搭載ソフトウエア
MD1825-CR35P-C1-K CR17450A 35並列(3V-88Ah) 標準仕様
MD1825-CR35P-C1-L LPWA対応仕様
MD1825-LR08S-C1-K LR20(T)8直列(12V15Ah※目安) 標準仕様
MD1825-LR08S-C1-L LPWA対応仕様

オプションユニット付属製品

型番 搭載電池 搭載ソフトウエア オプション内容
通信機取付ユニット 避雷器ユニット
MD1825-CR35P-C1-KT CR17450A 35並列
(3V-88Ah)
標準仕様 製品に同梱 無し
MD1825-CR35P-C2-KTH1 避雷器1個組付け済
MD1825-CR35P-C2-KTH2 避雷器2個組付け済
MD1825-CR35P-C1-LT LPWA対応仕様 製品に同梱 無し
MD1825-CR35P-C2-LTH1 避雷器1個組付け済
MD1825-CR35P-C2-LTH2 避雷器2個組付け済
MD1825-LR08S-C1-KT LR20(T)8直列
(12V15Ah※目安)
標準仕様 製品に同梱 無し
MD1825-LR08S-C1-LT LPWA対応仕様 製品に同梱 無し

基本仕様

項目基本仕様
負荷機器 電源インターフェース 通信機器用(DC3.3/5/12V)×1、その他用(5/12V)×3 ディップスイッチで選択可能
電源制御方式 二つの出力状態の切替周期(1分~14日)をディップスイッチで選択可能
信号検出 アナログ入力 0~24mA入力×1
0~5V入力×1
外部トリガー入力 外部トリガー入力×1(2.5~12V入力、立ち上がりエッジ検出)
通信 標準ソフトウェア 通信機が主体となり、電源システムを様々なコマンドで制御可能
LPWAソフトウェア 電源システムが主体となり、通常時、緊急時を判定し、計測値をLPWA通信機に伝送可能
UARTインターフェース Vcc、Rx、Tx、GND×各1(Vccは3.3V、5V選択可)
UART転送レート 1,200bps、2,400bps、4,800bps、9,600bps、19,200bps、38,400bps
Micro-USB USB-UART変換(スレーブ)
Micro-USB転送レート 9,600bps

ソフトウェア仕様

通信機から複雑な制御が可能な標準ソフトと、防災用途向け自動計測可能なLPWA対応ソフトを選択可能

特徴

項目標準ソフトウェアLPWA対応ソフトウェア
特徴 主に通信機のCPUでシステム制御 電源システムが自動計測しLPWA通信機を介してデータ送信可能
メリット 複雑な制御が可能 通信機側のソフト開発不要
デメリット 通信機側のソフト開発必須 機能は限定的
LPWA選択 なし ZETA、ELTRES、SIGFOX、LTE-Cat.1から
選択可能(特定メーカの動作確認済み機種のみ)
危機管理型水位計モード あり(国交省基準準拠) なし
計測値スケール変換 なし
(通信機、サーバで実施)
アナログ検出データを測定値に換算する機能を追加
(たとえば電流検出値4-20mA→水位0-10m)
データログ機能 なし あり(最大525イベント×6B=3150B、1イベント:相対時刻情報/電流検出変換値/電圧検出変換値)

計測時動作

項目標準ソフトウェア LPWA対応ソフトウェア
状態 様々なモードを設定可能 通常モード 緊急モード
電源ON/OFF
切替周期
1分~14日(UART、ディップスイッチ、micro-USBで設定) 1分~14日(ディップスイッチ、micro-USBで設定) 5秒~14日(micro-USBで設定)
計測方法 1回計測/複数計測 自動計測(5回計測し、上下の1データを除外して平均)
計測周期 可変(コマンド送信時に計測) 1分~14日(ディップスイッチ、micro-USBで設定) 5秒~14日(micro-USBで設定)
通信機の通信頻度 通信機側で設定 毎回~12回毎(micro-USBで設定) 毎回(変更不可)
自動状態遷移の
条件
自動状態遷移なし(通信機が判定。通信機からの指示で緊急状態に遷移) (1)計測値が下限上限から外れた場合
(2)外部トリガー発生
(1)計測値が正常に戻った場合
(2)外部トリガー発生から一定回数経過

ページ上部へ戻る