2023年1月より導入のICタグが付いて電子化された自動車検査証(以下、電子車検証)に対応し、電子車検証形状に専用設計されたスタンドとリーダ・ライタのセット品です。

電子車検証以外にも、MifareなどのISO/IEC 14443 Type-A、ICカード免許証や公的個人認証サービス・マイナンバーカード・住民基本台帳カードなどのType-B、ならびに、FeliCaカードに対応したNFC(Near Field Communication)規格ISO/IEC 18092準拠の非接触リーダ・ライタです。

また、セキュリティレベルを強化するためにISO 7816-3SAMスロット拡張機能(オプション)を有しており、FeliCaセキュリティエリアのアクセスに対応したM-1850SX(FeliCa-SAM内蔵)もラインアップしています。

掲載日:2022年10月11日

更新日:2023年1月24日

導入事例
電子車検証 M-1850S-NS ダイワコンピューテック

主な特長

  • アンテナ内蔵型NFCリーダ・ライタ
  • ISO/IEC 18092(NFC)準拠
  • 非接触I/F ISO 14443 Type-A&B(Mifare、マイナンバーカード他)、FeliCa
  • 電子車検証対応(2023年1月から発行開始予定)
  • Extended APDUサポート
  • USBフルスピード(12Mbps)
  • PC/SC準拠
  • Color LED(青/緑)内蔵
  • ブザー モノトーン

電子車検証の読み取り

2023年1月から「電子化された自動車検査証(電子車検証)」の発行が予定されております。M-1850Sは電子車検証の読み書き動作確認済みとなります(2022年3月22日現在。対応OSはWindows®10のみ)。

「車検証閲覧アプリ」の提供も開始される予定であることが、国土交通省から発表されています。パソコンやスマートフォンのアプリを通じて、車検証情報の閲覧や車検証情報ファイルの出力(PDFなど)、券面に記載されていなくICタグに記録されている所有者の情報が閲覧できるようになる見通しです。

M-1850S-NSは、電子車検証を上からスタンドに入れるだけで読み取り位置に配置されるようになっています。

また、マイナンバーカードも差し込むことができ、読み取り位置に配置されるようになっています。

国土交通省別紙4 車検証閲覧アプリの概要

国土交通省の資料「別紙4 車検証閲覧アプリの概要」

∗ 出展:国土交通省のWebサイトより(https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000131.html

∗ 2022年5月20日国土交通省の報道発表資料別紙を加工(https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001482329.pdf

電子車検証をM-1850S-KB-NSに差し込むイメージ
電子車検証をM-1850S-NSに差し込むイメージ
マイナンバーカードをM-1850S-KB-NSに差し込んだイメージ
マイナンバーカードをM-1850S-NSに差し込んだイメージ

なお、電子車検証の読み取りに関するお問い合わせは、弊社営業担当までお問い合わせください。

各種OSにも対応(最新OSのWindows®11、macOS 12 Monterey M1チップ搭載PCにも対応)

  • Windows®11、Windows®10
  • macOS 12(Monterey)、macOS 11(Big Sur)、macOS 10.15(Catalina)、macOS 10.14(Mojave) ∗Intel/M1チップ搭載PC対応

本製品にアプリケーションは含まれておりません。お客さまにて動作環境をご準備していただく必要があります。

関連情報

  • 対応OSにつきましては、使用環境により動作しない場合があります。お客様の実際の運用環境で動作確認の上、ご使用をお願いします。
  • FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • Mifare(Standard/Ultralight/DesFire)、I-CODE(SLIX/SLIX2)、NTAGは、NXPセミコンダクターズN.V.社の登録商標です。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標および登録商標です。
  • Macは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。また、本ウェブサイトは、Apple Inc.が認定、後援、その他承認したものではありません。
  • 公的個人認証サービスのカードイメージは、地方公共団体情報システム機構ホームページhttps://www.kojinbango-card.go.jp(∗外部サイトに接続します。)からの引用です。
  • 仕様は、改良・改善などの事由により、予告なく変更する場合があります。

リーダ・ライタ

インターフェース USBインターフェース USB2.0準拠(Full Speed) ∗USB1.1、3.0でも動作可能
PC/SCインターフェース、CCIDドライバ対応
読取確認 LED、ブザー(ON/OFF設定変更可能)
動作状況表示 LED(緑、青)
供給電源 DC5ボルト ∗パソコンのUSBポート(USBバスパワー)
消費電流 動作時:250ミリアンペア 待機時:約50ミリアンペア
外形寸法 98(L)×66(W)×11(H)ミリメートル(最大厚さ18ミリメートル、ゴム足を含まず)
質量 92.0グラム
ケーブル長 1.8メートル
使用温度 0∼40度
使用湿度 ∼80パーセントRH(非結露)
適合規格 電波法型式指定/VCCI ClassB/CE/FCC/RoHS
保証期間 3年
サポートプロトコル ISO/IEC 14443 Type-A&B、ISO/IEC 18092、ISO/IEC 15693
主な対応カード Mifareシリーズ(Standard/Ultralight/DesFire)、電子車検証、Type-B(マイナンバーカード、HPKIカード、税理士用電子証明書ICカードなど)、FeliCa Standard、FeliCa Lite-S、I-CODE SLIX/SLIX2、NTAG213/215/216
ドライバ対応OS Windows®11 / 10
macOS 12 / 11 / 10.14∼15
対応アプリケーション 電子車検証の更新・読取(Windows®10)、マイナンバーカード関連サービス(Windows®、macOSのみ)
  • サポートOSにつきましてはお使いの環境によって動作しない場合もあります。お客様の運用される環境で動作確認の上、お使いいただきますようお願いします。
  • 本製品にアプリケーションは含まれておりません。お客さまにて動作環境をご準備していただく必要があります。

スタンド

特長 電子車検証用スロット、ICカード用スロット(マイナンバーカード対応)
付加機能 ペンスタンド構造、キーホルダーフック構造
外形寸法 217(W)×77(D)×111(H)ミリメートル(リーダ・ライタ取り付け時:約237(W)ミリメートル)
重量 110.0グラム(リーダ・ライタ取り付け時:約202グラム)
材質 ベース(PP)、フロントパネル(PC)、滑り止め(シリコーンゴム)

外形寸法図

M-1850S-NSの外形寸法図

ページ上部へ戻る