タフシーラー 配管断熱接続用 No.9270

冷媒用被覆銅管などの配管断熱材の接続に

タフシーラーNo.9270製品イメージ

作業性良好

カッターを使わず手で切れるので作業効率UP に役立ちます。

すぐれた防湿性

ブチル系粘着剤、アルミ特殊基材により防湿性能にすぐれます。

しっかりした固定力

曲面や凹凸面への固定力がすぐれます。

キレイな仕上がり

従来の黒色ブチル粘着剤と違い、淡色粘着剤を採用。

汚れが目立たなく、キレイな仕上がりに。

製品構成

【厚さ:0.50ミリメートル】∗剥離紙除く

No.9270製品構成

一般特性

項目測定値
粘着力(N/10ミリメートル) 13.6
タック(ボールNo.) 17
剥離力(N/10ミリメートル) 0.07
透湿度(グラム/24h) 0.3

∗測定値の一例であり、保証値ではございません。

サイズ規格と梱包数

サイズ入り数
100ミリメートル × 15メートル 8巻
200ミリメートル × 15メートル 4巻
75ミリメートル × 15メートル 12巻
50ミリメートル × 15メートル 16巻

∗詳細は担当者までお問い合わせください。

ご使用上の注意

必ず手でしっかり押さえてなじませてください
しっかり圧着させないと接着しません

  • ご使用前に被着体の汚れ、ほこり、水分、油などを除去してください。テープを貼る表面が汚れていると、十分な接着力が得られません。
  • テープを巻く際には、保温材接続面を整え、隙間が生じないように突き合わせてください。その時、保温材が引張られた状態にならないよう注意して下さい。
  • 保温材の接続部がテープの中央になるように巻き付けて下さい。
  • ​テープは外周の1/4以上重なるように巻いて下さい。
  • テープを巻きつけた後は、しっかりと手で圧着してください。
  • 絶縁テープではございませんので、電気絶縁用にはご使用にならないでください。
  • テープの保管に際しては直射日光やストーブなどの熱源を避け、涼しい所に保管してください。
  • ご使用の際は、お客様の用途に合っているかご確認をお願いします。

◆冷媒用被覆銅管施工マニュアル及び被覆銅管のメーカー推奨の施工方法に従って使用して下さい。

注意事項

  1. テープを貼る表面が汚れていると十分な粘着力が得られませんので、表面の汚れ、ほこり、水分、油などを除去してから貼ってください。
  2. 十分な粘着力を得るために、テープを貼った後はよく圧着してください。
  3. テープの保存に際しては、直射日光、暖房機器などの熱源を避け、涼しい所に保管してください。
  4. 電気絶縁用以外のテープは、電気絶縁用としてご使用にならないでください。
  5. 糊残りや変色、塗装剥れを起こすことがありますので、テープを家具、壁、ガラス、塩ビ製品、車のボディーなどに直接貼らないでください。
  6. 皮膚接着用以外のテープは、かぶれや糊残りを起こすことがありますので、直接皮膚には貼らないでください。
  7. 貼る相手によっては表面を汚染したり、糊残りを起こす場合がありますので、大切なものへ貼る時には、一度確認の上ご使用ください。
  8. 特殊用途にご使用される場合には当社に連絡ください。
  9. 記載されている数値は測定値の一例であり、保証値ではありません。
  10. 製品によっては納期のかかる場合もありますので、お問い合わせ願います。
  11. 製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
  12. ご使用の際には、お客様の用途に合っているか、ご確認をお願いします。
  13. 使用した結果により発生した損害に対しては責任を負いかねますので、十分確認の上ご使用ください。

ページ上部へ戻る