MA-Guardian

  • 電波吸収パネル 電波吸収シート

製品の使用例:整備工場でのエーミング作業 など

 昨今、自動車には安全装置として衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)などが普及しており、そのセンサーであるミリ波レーダーやカメラのエーミング作業(光軸調整)は自動車整備には欠かせないものとなっています。また、道路運送車両法の改正により、2020年4月1日に「特定整備制度」が施行されエーミング作業がその対象となり、環境整備が求められています。マクセルは磁気テープ事業で培った技術を応用し、ミリ波レーダーの電波を吸収するパネル・シートを製品化しました。作業スペースにある金属物を遮蔽することで、電波の不要反射を防ぎ正確なエーミング作業実施のための環境構築をサポートします。

 

電波吸収パネル

  • ミリ波レーダーの電波吸収を最適化、約-15dB(入射電波の97%以上)の減衰性能
  • 側面が折りたためるため収納しやすい形状
  • 材質を非金属で統一
  • 軽量なハニカム構造のPP(ポリプロピレン)製ボードを採用(同厚みのPP板の約24%)
  • ヒンジ部は10万回の開閉試験をクリア

 

使用例

電波吸収パネル 使用例 ヘッドライトテスタ

 

場所を取らない設計

側板が折りたため、収納しやすい形状(折りたたみ時の厚み:約31mm)
 

電波吸収パネル エラストマー素材

 

電波吸収シート

  • 斜め方向での入射電波に対しても対応できます。
電波吸収シート 電波吸収シート 床設置物へのカバー
  • 床設置物へのカバーの他、金属柱や壁などへの貼り付けも可能(カッターやハサミで簡単に切断できます)

 

使用例

電波吸収シート 使用例 透明ゴム 金属埋設物
電波吸収パネル  型式:TC1018-002N
対応周波数 76~77GHz
材質(パネル) ポリプロピレン
材質(ゴムシート) シリコーンゴム
展開時サイズ(mm)幅×奥行×高さ 1065×530×1807
※設計値
重量 約14kg
使用温度範囲 -10~+50℃
電波吸収シート  型式:LI01-MSZ
対応周波数 76~77GHz
材質 シリコーンゴム
サイズ(mm)厚さ×幅×長さ 3.4 x 1000 x 2000/ロール
※設計値
重量 約11kg/ロール
使用温度範囲 -10~+50℃
入数 2ロール

 

使用上の注意

  • 製品には表裏があります。性能を発揮するために電波入射方向に正しい面を向けてご使用ください。
  • オイルなど汚れた場合は水を含ませた柔らかい布、または乾いた布でふき取ってください。
  • ベンジン、シンナー、各種クリーナーなどで拭かないでください。
    ガソリン、有機溶剤がゴムに付着しますとゴムが膨潤し特性に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 屋内で使用してください。屋外で使用されますと製品の劣化を早め、強風により転倒し、破損、変形、思わぬケガの原因になります。

エーミング作業スペースに金属物が設置された状況で吸収体を設置した場合の
電波の広がりの変化をシミュレーションを検証

電波吸収体が反射電波を防いでいることを確認

※物に当たり反射・回折する電波のみ表示しています。
※レーダーの高さの平面での分布を表示しています。
※解析ソフト(Ansys HFSS™ )を用いたシミュレーション結果(電界強度)のため、実際の環境とは結果が異なる場合があります。
※Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です

 

一般的な車両整備作業場でシミュレーションを検証

リフレクタの反射波以外の電波が低減できていることを検証

※物に当たり反射・回折する電波のみ表示しています。
※レーダーの高さの平面での分布を表示しています。
※解析ソフト(Ansys HFSS™ )を用いたシミュレーション結果(電界強度)のため、実際の環境とは結果が異なる場合があります。
※Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です

ページ上部へ戻る