2LP545483A1

直列 ×
並列
  • 標準品のため、開発コスト(電池設計費、金型作製コストなど)が不要。

用途

  • 輸液ポンプなどの医療機器
  • UPSバックアップ機器
  • ハンディー型計測機器
  • プリンタ機能付ハンディターミナル など

仕様

品名・形式品名 2LP545483A1
セル形式 ICP545483AHR
寸法・重量外形寸法 / 質量 約12.3×54×92mm / 約130g
充電仕様最大充電電圧 8.3V
最大充電電流 2.5A
充電方式 CCCV(定電流定電圧充電)
放電仕様放電終止電圧 6.0V
最大放電電流 3.0A
定格公称電圧 7.4V
定格容量 2.5Ah *1
コネクター 通信:JST 3pin type
PAP-03V-S
  • 1: 充電:2.5A-8.3V(CCCV)/ 3.0h / 25℃ 放電:0.5A / E.V.=6.0V / 25℃
  • PSE対象外製品です。

電池パックの充電に関する注意事項

制限事項

  • CCCV方式 (Constant Current Constant Voltage) で充電してください。トリクルやフロート充電は避けてください。再充電する場合はヒステリシスを設けてください。
  • 電池パックのサーミスターを使用して、仕様書に記載した温度範囲内で充電してください。
  • 充電電圧はリップル等の変動・誤差に配慮し、常に仕様値を超えないようにしてください。
  • 過放電で電圧が低下した電池はプリチャージするか、あるいは、充電しないでください。

推奨事項

  • 充電制御の故障等に対する保護を設けてください。
    充電タイマー:充電電流設定値から想定される充電時間を超過した場合に充電を強制停止させる。
  • 充電過電流保護:
    • 低温低電流充電:仕様値内であっても、低温領域では充電電流を制限することを推奨します。電池の劣化を抑制することができます。
    • プリチャージ:過放電された電池は内部短絡が発生している可能性があります。充電する場合、充電電流を制限して充電を行い、一定時間後に電圧が上昇していない場合は充電を禁止してください。
充電回路例(ブロック図)
Charge Control IC  例
Texas Instruments  bq24171

機能:overvoltage protection, programmable charge timer, precharge,

  • 上記回路図は構成例を示すブロック図であり、実際の回路とは異なります。また、上記IC以外にも注意事項を満足するICを適用することが可能です。実際の回路の作成に当たっては、電池パックの仕様書および該当する充電制御ICの仕様書をよく読んでご使用ください。なお、上記ICの性能、供給等について当社は一切の責任を負いません。

ページ上部へ戻る